• sezonhouse

【不動産投資】築年数の古い戸建て・マンションを購入するに際に気を付けたいポイントは


~築年数の古い戸建て・マンションを購入するに際に気を付けたいポイントは~

築年数の経った、いわゆる築古の収益物件を購入する際の

注意点としましては、築年数の浅い物件と比べて

メンテナンスの経費が多くかかる点が挙げられます。

特に戸建てや一棟集合住宅に関しては 雨漏りや給排水管漏水等、建物構造上部分の不具合が生じやすく、 一回の事故により大きな金額がかかります。

また、マンション区分建物に関しましても 大規模修繕工事の際の臨時徴収費用が発生したり、

建築構造上主要な箇所の不具合が、専有部分で起こった際に、

管理組合の指定業者ではないと工事が出来ないがあります。

自ら業者を選ぶより費用が生じる可能性があったりと 注意が必要です。

そして物件種別問わず、古くなった設備は 不具合が無いとしても都度入れ替えが必要になり、 ここでも多くの経費がかかります。

その為、購入の際にはメンテナンスがしっかりされた物件を

購入することが、リスクを減らす一つの方法になります。

一方でメンテナンスされていない状態だからこそ 安く購入できる場合もあると思います。

いずれにしましても今現在の建物の状態を きちんと確認してからの購入が

築古物件を購入する際には大変重要になります。

また、築古の物件をいつまで所有するかも 迷われる点かと思います。

1つ考え方として減価償却という観点で お話しさせていただきます。

耐用年数を過ぎている古い物件でも減価償却が出来まして、 各構造の耐用年数×0.2の年数が減価償却年数となり、 例えば木造ですと4年になります。

4年間で償却しきるため、年度ごとの経費額は大変大きくなり、 帳簿上の収入額を減らす手助けになります。

しかし5年目からは経費として計上出来なくなるため、 その5年目以降が売却のタイミングになります。

ただ、その時大切なことが、 そのタイミングで希望価格通り売却できるかということです。

売却時期をタイミング良く合わせても 希望価格ではない売却価格では目的が半減してしまいます。

その為、「売却しやすい物件」であるということが 築古物件の購入にあたっては大切な点になります。

建物の状態、入居者属性、管理状況、利回り、そして立地。

これら総合的な観点で売却時の事を想定し、 先を見越して購入されることをお勧めいたします。

#不動産相談 #相続

まずはお気軽にお問合せください

相談​無料

【受付時間9:30~17:30】※水曜定休

コーポレートサイト

リースバック専用サイト

売買・賃貸・物件情報サイト

不動産買取・売却専用サイト

  • Instagram
セゾンハウスイメージキャラクター

​©2018 Sezonhouse Co.,Ltd.

​〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5丁目10-10​

TEL: 048-680-3377   FAX: 048-680-3378